# トップページ > 岡平健治ライブレポートページ > 岡平健治ライブレポート詳細ページ
岡平健治ライブレポート|ファンライプレポート集
【青森県のライブレポート】
タイトル 青森クォーター [2008年02月17日]
名前 優樹菜
コメント 12月2日の青森ライブ行ってきました!私が会場に行った時にはもう、皆さんがいてびっくりしました。
 わたしたちの整理番号は、17番・18番だったので、結構前の席に座れました。

そしてついに、18:00になり会場が暗くなると同時に健治さんが登場しました!その時なぜかわからないけど、体が震えてきました(笑)
 
 一曲目は、瞬間概念。生で聴いたのは初めてなので、すごく感動しました。それから、「一輪心花」、中2のときに作った「春のつぶやき」など唄ってくれました。7曲目くらいの「意地」のMCで「この歌は7月23日に作った歌」といっていました。7月23日は私の誕生日なので、感動しました!!

セッションコーナーでは、結構たくさんの人が手を挙げていたと思います。最初のセッションでは、
「卒業哀歌」でした。健治は「ギター持ってきてないじゃん」といっていましたが、すごく楽しそうでした!
2回目のセッションは、「Let’s HappiecE Life!」などと出ましたが、最終的に「星の砂」になりました。このコーナーもみんなが楽しめたとおもうので良かったです!そして最後の歌の「暗闇」を唄い終わってステージから去っていきました。

        〜アンコール〜
健治を呼ぶとき最初は、「アンコール、アンコール」と「Let’s Go Ahead」と2つに分かれました。でも、だんだん、
「健治、健治」となっていきました。そして再び健治
登場!!歌った曲は、「以心伝心」「小田急柿生」
「夢追い人 純粋条約」?(たぶん、こういう題名です)。そして「告白」!
告白はすごく良かったです!泣きそうになりました。曲の終わりに近いづいてら健治が、「この言葉は、おじいちゃん、おばあちゃんになっても忘れないでね」と言って、云ったのは、「活きているからねだから 走らなきゃいけない」でした。マジで鳥肌が立ちました。
 これからも健治のメッセージを大切にしていきたいと
思いました!
 本当の最後に、本人から手紙をもらって、握手をしました。その時は、これ以上幸せな時間はないと感じました!!!すごく楽しい感じのライブになりました!



・瞬間概念
・一輪心花
・春のつぶやき
・Sick of Rain Down
・光(キーボード)
・意地
・梅干と大根
・べスパ
・暗闇

=セッションコーナー=
・卒業哀歌
・星の砂

=アンコールー
・以心伝心
・小田急柿生
・夢追い人 純粋条約 ?
・告白






 前の画面へ戻る←
ライブレポートのトップへ戻る