PunkFolk企画 「KENJI BOX」

ファンのみんなで企画したKENJI BOX!!なんとLIVE DVDのタイトルに!「夢街道37号線」の歌詞にも”赤い箱”として登場しています。この企画はmixiの「岡平健治 ソロ PunkFolk」というコミュニティでファンみんなの案をまとめた企画です。

KENJI BOXとは? 〜イベントの内容〜
KENJI BOXはファンのみんなで何かできないか?とみんなで考え、その案をまとめさせていただいた企画です。そして、デビューの2007年11月21日東京で開催したこのKENJI BOXは健治さんのホワイトボンバーと共に47都道府県各会場を回っていました。

KENJI BOXの案

・健治さんの自走を考えて、持ち運び可のもの。
・ファンのみんなで想いも輪も1つにできたらいい。
・会場1箇所だけではなく、47都道府県でも参加可能なこと。

そこで企画したのが、定型のメッセージカードにメッセージを書き、みんなで書いたメッセージカードを1つに集めて健治さんに渡すという「KENJI BOX」です。
「47都道府県の各地域でファンのみんなで写真を撮って渡す」という案が出たのですが、色々考えた結果、カメラの準備やライブハウスの事情等で困難と判断しました。しかし、写真を撮る地域があってもメッセージカードに貼れば渡せます。
また、フラッグ企画をしたときに困った点で、イベントをし人が集まると会場のスタッフさんに迷惑がかかり、場所を移動したり、うまくイベントができなくなるという問題がありました。このメッセージボックスの大きさならそれほど場所をとらないのでスタッフさんに迷惑がかかることはありません。
イベントの参加方法 〜2008年7月2日終了〜
  • ■1.まず、【こちら(PDF版)】から下記のページを開き、定型のメッセージカードを印刷して下さい。
    ※PDFが開けない方は、こちらの画像を保存して印刷して下さい。
    家にパソコンやプリンターがない方のために、当日メッセージカードを十分用意しますがなくなってしまう場合もあるかもしれませんので、できれば印刷をお願いしたいです。

  • ■2.印刷ができましたら、カッターと定規を用意し、キリトリ線で切り取ってください。
    メッセージカードは、CDジャケットと同じ大きさで12cm×12cmの定型になっています。それ以上デカイ場合は、KENJI BOXに入りませんのでお気をつけ下さい
    キリトリが終わったら、メッセージを書きましょう!その前に、メッセージカードが12cm×12cmか、もう一度確認してみましょう。あとは、健治さんへの想いをメッセージなりイラストなり、存分にお願いします。

  • ■3.キリトリが終わったら、メッセージを書きましょう! その前に、メッセージカードが12cm×12cmか、もう一度確認してみましょう。あとは、健治さんへの想いをメッセージなりイラストなり、存分にお願いします

  • ■4.各会場で代表者の方をmixiで募集しています。代表者の方が下記の紙を置いてくれている場所があると思いますので、代表者の方へメッセージカードを渡してください。代表者の方が見つからない場合は、直接、健治さんかライブハウスのスタッフの方に渡して健治さんに渡してもらいましょう!

最後に

この企画を東京で行ない、11ヶ月。KENJI BOXは合計4箱にもなりました。健治さんがホワイトボンバー号と共にKENJI BOXを持っていってくれたことに感謝し、参加していただいたファンの方にも感謝です。ありがとうございました。